2020年07月11日

最新テレワーク事情


こんにちは、本店事業部 広報/秋田です。


コロナ禍のテレワークが増えましたが、どの位変化があったのか調べてみました。


不動産ポータルサイト「SUUMO」の調べによると、テレワークの実施率は2019年11月で17%、2020年6月では47%と大幅に増加。


一方、環境未整備のため、間取りの変更、住替えも検討している人も増えているそうです。


※間取り変更希望48%、住替え検討は賃貸在住者の30%、持ち家世帯でも20%に上る。


テレワークに際する不満調査 ※リクルート調べ(全国賃貸住宅新聞2020.7.6より)

テレワーク.jpg


テレワークマーケットレポート(全国賃貸住宅新聞2020.7.6より)

レポート.jpg


また管理物件であるシェアハウスでテレワークをしている住人にもヒアリング調査を実施。


アンケートのように「集中するスペースがない」「部屋だと生活感が見られ気になる」などの意見が聞かれました。


対応として、シェアハウス内にある民泊部屋(コロナの為、今はストップ中)をテレワーク室に変更。


どのようになるか様子を見ていきたいと思います。


【シェアハウス内の民泊部屋をテレワーク室に変更】

IMG_5257.JPG


【利用者・利用時間も管理】

IMG_5258.JPG


【テレワーク室 ※写真は一例】

IMG_5734.JPG

105514364_611040019527186_4310506340000251888_n.jpg


【テレワーク室 ※写真は一例】

IMG_5732.JPG


posted by chintai-stadium at 13:33| Comment(0) | 不動産管理のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: