2020年04月07日

住まいに困っている外国人留学生の受入れ開始


こんにちは、本店事業部 広報/秋田です。

シエルハウス勾当台で始めた「帰国困難者支援プラン」を活用して1名入居されました。

中国人留学生で今回は帰国ではなく、元々日本の大学にいて、転入で東北大学に通う為保証人が下りるまで1か月間の滞在です。

話を聞くと、コロナの影響で学校の開始が遅れていること、外国人ということで保証人の申請が下りるまで約1か月間かかるなど日本人と違い時間がかかります。さらに他に受け入れてもらえるアパートもない。ホテルは高額など様々な問題を抱えています。

帰国困難者ではありませんが、困っているので受け入れることにしました。

今できるととに取り組んでいきます。

19.jpg
【元々日本に2年半滞在。東北大学転入のため仙台に来た留学生】

34.jpg
【入室前にはアルコール消毒】

66.jpg
【除菌効果のあるスーパーアルカリイオン水】

44.jpg
【コロナ対策マニュアルも設置】

22.jpg
【うがい手洗いの徹底も促進】

21.jpg

15.jpg

3.jpg
【何かあった場合のため日々の体温検査、行動記録も取っていただいています。】

23.jpg
【そして有効なのが換気】



posted by chintai-stadium at 00:12| Comment(0) | 民泊事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: