2017年09月19日

東京でリノベーションの勉強をしてきました!

はじめまして、シェルージュでシェアビジネス部門のマネージャーを担当しております、あやぱんと申します!


現在は、太白区越路でシェルージュが運営しているシェアハウス「シエルハウス越路」に入居し、ハウスマネージャーとして物件や地域とのコミュニティ形成に携わっています。


21728452_132866667344526_3008864274865650646_n.jpg
シェアハウスの入居者との写真(前列中央が私です)




先日、同じ部署の渡邉と一緒に「プロフェッショナルリノベーションスクール」の東京セミナーに参加してきました。


私と渡邉は7月から来年の3月まで、上記のオンラインスクールに通い、建築学の基礎や、まちづくりの観点から見たリノベーションについて学んでいます。


オンラインスクールなので、普段はオンライン上で配信される動画を見て学ぶのですが、今回は月に一度のオフライン講座ということで、上京して参りました。


事前に出された課題を持ち寄り、講師の方に指導していただきます。

IMG_7664.JPG

本当は全体講義の後、各自個別指導をしてもらう予定でしたが、私が「どんな指導をされるか横で見ていて良いですか!?」と質問したため、公開プレゼンからの公開指導、ということになりました(^^;)ひえー

◆プロフェッショナル リノベーションスクール Facebook
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=486899715012784&id=410790802623676

提出課題はまだ叩き台で構わないとのことだったので、不完全な中でのプレゼンになってしまい、他の参加者の方にも申し訳ないことを〜ヾ(・ω・`;))ノと思ったのですが、セミナー後の懇親会で参加者の方々から「あの形でやれて良かった」と仰っていただくことが多く、一人胸をなでおろすあやぱんなのでした(笑)


提出課題のテーマは「エリア(地域)の再生ビジョン」について。


「え?物件のリノベーションではなく、エリア(地域)なの?」


と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


このプロフェッショナルリノベーションスクールでは、


「エリアに価値あり、敷地に価値なし!」


という言葉をテーマに、物件のみならず、その周辺のエリア(地域)もいかに再生していくか、ということも学びます。


なぜか。


それはいかに立地が良くて、ピカピカで、オシャレな内装の家があったとて、その場所の治安が悪かったら住みたいですか?


ということです。


また、物件を探す時も、築年数や内装の綺麗さで探しますか?
まずはエリアから絞りますよね?
そのエリアも「住み良い街ランキング」とかの上位の方が選びやすいですよね?


そういった視点から、1つの物件のリノベーションのみならず、地域全体のエリアマネジメントも学んでいくのが、このスクールの他にはない特徴です。


これは、今後の人口減少に伴う空室率の増加対策においても、有用な知識になり得ると思っています。


毎週の課題提出は大変ですが、仙台の、東北の未来のため、不動産オーナー様のため、日々邁進しております!


posted by chintai-stadium at 13:56| Comment(0) | リノベーションスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: