2016年04月07日

仙台駅の新商業施設開業から思う...


こんにちは、広報担当のともさんです。

先日、仙台市青葉区本町界隈に打合せで行ってきましたが、
「仙台駅に移転しました...」との貼り紙があって、何軒かの
アパレルショップや飲食店が閉店していました。(; ̄Д ̄)

3/18の東西自由通路の拡張工事が完了、新商業施設開業に伴って
移転されたようです。

おめでたいな〜思う反面、空いた場所に早く別なお店が出店して欲しい
と思いました。

先月のブログで「宮城県の上昇率は住宅地で全国2位、商業地で3位...」
とご紹介しましたが、それらの記事で中で

「建設など震災復興によって押し上げられた景況は、製造や小売り、
観光などの業種に十分波及しておらず、復興需要にあぐらをかいている
うちに、全国の景気動向に後れを取っている...」

と心配する見方もあるようです。

人口が減少していく中では、黙っていては徐々に商圏が小さくなる
のは、当然のことですね。

やはり魅力ある仙台を国内、国外に発信して、沢山の方に来て頂ける
ようにするのも1つの解決策だと思います。

となると、不動産事業もそのような対応が必要になるかもしれません。
アンテナを高くして、備えたいと思います。

ラベル:仙台 不動産
posted by chintai-stadium at 09:49| Comment(0) | 仙台あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: